メールマガジン・会報

稲門法曹会メールマガジン 第90号 No.2020-4


-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*-

   稲門法曹会メールマガジン No.2020-04


                   2020/4/10 第90号

-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*-

◇このメールマガジンは、稲門法曹会会員専用システムにメール
 アドレスをご登録いただいた方へお送りしています。配信停止
 をご希望の方は、メール末尾の手順にてご連絡ください。

◇稲門法曹会HP:http://www.waseda-legal-alumni.jp/

 

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃○ 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた稲門法曹会の
┃ 対応について
┃● 修習生だより(73期司法修習生 柏木悠香さん)
┃○ 稲門法曹奨学金への寄付方法(クレジットカード・ネット
┃ バンキング)のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた
 稲門法曹会の対応について
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、早稲田大学
では授業開始を5月の連休明けに繰り下げ、4月21日まで
の期間のキャンパスへの立ち入りを禁止しました。
 また、校友会事務局は、9月19日までの各種総会・会合・
イベント等の校友会・稲門会活動の中止・延期措置を要請し
ています。
 更には、緊急事態宣言を受け、今年度の司法試験の実施が
延期されるという事態にまで至っております。

 こうした状況を受け、稲門法曹会では、5月29日に予定
していたファイナンス稲門会との共催の講演会企画を中止と
いたしました。

 一方で、事務局会議については、事務局組織の全国化を目
的として数年前からZoom等の活用を図ってきたところであり、
完全オンラインに切り替えての実施が可能であることから、
完全オンラインの形態で、予定通り実施できる見込みです。

 今後、7月4日に予定されている常任理事会、9月26日
に予定されている総会・理事会の取り扱いについては、事務
局会議での議論を受け、改めてみなさまにお知らせいたしま
す。

 稲門法曹会のみなさまにおかれましても、くれぐれもお達
者でお過ごしください。
 一刻も早く、コロナウイルスの危難が去り、みなさまと再
会を喜べる日がくることを願っております。


令和2年4月10日
     稲門法曹会 事務局長  秋山 靖浩
           事務局次長 河﨑健一郎

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  修習生だより
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

          73期司法修習生 柏木悠香

 会員の皆様には、平素より格別のお引き立てを賜りまして、
ありがとうございます。
 第73期司法修習生津修習2班の柏木悠香と申します。
 私は、第1クールに刑事裁判修習を終えて、第2クールは
弁護修習に取り組んでおります。三重県での生活にも慣れ、
平日も休日も充実した時間を過ごしております。
 分野別実務修習もあと1か月後に折り返しを控えたこの時
期に、このような機会を頂戴しましたので、これまでの約3
カ月間を振り返ってみようと思います。

 刑事裁判修習では、傍聴する事件を中心に多くの記録を検
討する毎日を送っていました。津地方裁判所には部が1つし
かない分、傍聴する裁判を自由に選ぶことができ、様々な事
件を偏ることなく見ることができました。裁判官の皆さんも、
担当する修習生に関係なく傍聴した事件の意見交換に快く応
じてくださいました。
 令状審査では、刑事部の裁判官が令状当番をする日になか
なか勾留請求がなく、ギリギリまで修習生が勾留質問を傍聴
できないというハプニングもありました。三重県はいい意味
でも修習的に悪い意味でも平和なんだよね、と冗談交じりに
指導担当の左陪席裁判官がおっしゃられていたことが強く印
象に残っています。

 弁護修習では、現在、四日市にある法律事務所でお世話に
なっております。この事務所では、一般民事を中心に、中小
企業の顧問などもしており、広い案件を取り扱っていること
から、弁護修習で見てみたいと指導担当の先生に希望したも
のはほぼ見ることができています。
 先日は、民事執行の催告と明渡しの手続に立ち会わせてい
ただきました。執行官と債務者との緊迫したやりとりを拝見
することができ、非常に勉強になりました。

 昨今は新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、
体調には十分気をつけながらこれからも修習に取り組んでい
きたいと思います。そして、三重県内だけでもまだまだ回れ
ていない場所が多々ありますので、この問題が落ち着いてき
ましたら観光名所めぐりを再開したいです。
 それでは、最後まで目を通していただきまして、誠にあり
がとうございました。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  稲門法曹奨学金への寄付方法(クレジットカード・ネットバン
 キング)のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


  早稲田大学大学院法務研究科では、優秀な法曹として嘱望さ
 れる能力を持ちながら、経済的な理由から修学が困難な学生に
 対し、その夢や志を断念することのないよう「稲門法曹奨学金」
 を設置し、皆さまのご支援・ご協力をいただいております。

 「稲門法曹奨学金」は、皆さま方からの毎年の寄付金により運営
 されるものであり、次年度以降も奨学金を継続するために、さら
 に皆さま方からの募金のご協力を仰がねばなりません。

 何とぞ、奨学金募金の趣旨をご理解いただき、暖かなご支援と
 ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  なお、Webサイトから、クレジットカード・ネットバンキング
 でご寄付いただくことも可能ですのでご案内申し上げます。


 ≪早稲田大学へのご支援をお考えの方へ≫

  https://kifu.waseda.jp/

1)右上の「寄付をする」をクリック

2)下記の条件に同意し「寄付を申し込む」をクリック

3)入力サイトでは以下の通り区分の入力をお願いします。
 申込者区分:個人

 寄付の種類:奨学金
 ※奨学金を選択すると、下段に指定先が出てきます

 指定先:稲門法曹奨学金

 上記を選択のうえ、お申込みをお願いいたします。


  本学の伝統を受け継ぎ、進取の精神をもって法のもとに正義を
 貫く志の高い優秀な稲門法曹を一人でも多く育成することを念願
 し、法科大学院の学生のための奨学金として「稲門法曹奨学金」
 を創設し、これまで支援を行ってまいりました。


  法曹として第一線で活躍されている校友および関係者に募金を
 呼びかけ、これまで多額の浄財が寄せられております。稲門法曹
 の皆様の熱意に厚く御礼申し上げるとともに、引き続きご支援賜
 りますよう、よろしくお願い申し上げます。

-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–
【発行】稲門法曹会
 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1法務教育研究センター内
    Tel:03-3208-9592 e-mail: tohmon-jimu@list.waseda.jp
    URL: http://www.waseda-legal-alumni.jp/
 ※配信停止をご希望の方は、タイトルに「配信停止」、本文に
「氏名」を記載のうえ、legal-alumni@list.waseda.jp までお送り
ください。
-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–