メールマガジン・会報

稲門法曹会メールマガジン 第49号 No.2016-12 

-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–

   稲門法曹会メールマガジン No.2016-12
                   2016/12/09 第49号

-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–

◇このメールマガジンは、稲門法曹会会員専用システムにメールアドレスをご登録い
 ただいた方へお送りしています。配信停止をご希望の方は、メール末尾の手順にて
 ご連絡ください。

◇稲門法曹会HP:http://www.waseda-legal-alumni.jp/

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃● 修習生だより
┃○ 法務リカレント講座「Law and Business in Japan」を聴講して
┃● 法務リカレント講座のご案内
┃○ 出版物案内
┃● 新人稲門法曹の採用をお考えの方へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆───────────────────────────────────────────◆
    修習生だより
◆───────────────────────────────────────────◆

                                                第69期司法修習生 馬場大祐

第一 自己紹介

    稲門法曹会の皆様、はじめまして。
    69期司法修習生の馬場大祐と申します。

    修習生と申しましても、69期はすべてのカリキュラムを終えて二回試験の合否
  発表待ちの身です。
    70期修習生には既に辞令交付済みという12月2日現在の状況を考えますと、我々
  69期は、修習生と法曹の狭間(要するに無職)というのが正確な表現かと思います。

    このような非常に微妙な身分で、新生活に向けて日々過ごしております。

第二 二回試験

    先週、ついに二回試験を終えました。

    私はB班でしたので、集合修習(以前でいう後期修習)が終わるやいなや二回
  試験に突入という形でした。

    集合修習は、各実務修習の総まとめという認識でした。
    約1か月半という短い期間にプログラムが凝縮されているために非常に忙し
  かったです。
    じっくり腰を据えて取り組むというよりは、どたばた駆け抜けるという表現の
  方がしっくりくる気がします。

    特に、我々B班の場合は、直後に二回試験が控えていたせいか、二回目の即日
  起案が行われるあたりから、クラスの緊張感(特に、任官志望者集団)が高まって
  きます。

    実際、集合修習中に行われる飲み会の出席率には有意な減少傾向が見られました。

    そんな中私は、仲の良い修習同期2~3人で集まり、寮の部屋で一升瓶を傾け
  ながら他愛もない話をして過ごすことが多かったように記憶しております。

    修習終盤になると、例によって風邪が流行ります。
    クラス中マスクだらけという異様な光景も珍しくありません。

    私はと申しますと、周りが何かと体調を崩している中、何の不調もないまま最後
  まで過ごすことができてしまいました(「何とかは風邪を引かない」という古い諺が
  あったと思いますが、残念ながら思い出すことができません。)。

第三 これまで

    修習全体を振り返りますと、一つ一つの経験が貴重で、濃密な一年間でした。

    69期修習生の辞令交付がつい最近のことのように思えるほど、充実した1年間は
  あっという間に過ぎ去りました。
    それは何故だったか、ということを考えますと、生の事件がそこにあったからだと
  思います。

    ひとつひとつの事件記録の中には、「甲」や「乙」ではなく、「何年何月何日生ま
  れの誰それさん」がおり、何かに困っていたり、何らかの嫌疑をかけられておりまし
  た。

    特に、刑事事件は、少々大げさですが、被疑者・被告人の人生が詰まっていると
  感じたこともあります。
    犯罪という一つの側面からですが、一人の人間の人生を見ることができたように
  感じることができたのでした。

第四 これから

    幸いにも二回試験で不合格とならなかった場合、私は弁護士として駆け出すことに
  なります。

    夢に見ていた弁護士という職業にようやく就くことができるという高揚感とともに、
  一人前に依頼者を持つという責任感を覚えます。
    知識・経験に乏しい新人弁護士が直ちに素晴らしい成果を挙げることは難しいです
  が、誠心誠意をもって一つ一つの事件に取り組むことはできます。

    「失態は、若者には名誉であり、老人には屈辱である。」という言葉を聞いたことが
  あります。
    もちろん依頼者に迷惑をかけることがあってはなりませんが、倒れるごとに起き上が
  る、タフな弁護士になりたいと思います。

◆───────────────────────────────────────────◆
    法務リカレント講座「Law and Business in Japan」を聴講して
◆───────────────────────────────────────────◆

                                          早稲田リーガルコモンズ法律事務所
                                                         福島 健史(68期)

第1 初めに

    『働きながら、もう一度学びたい。』、『1か国のことだけじゃ物足りない。』、
  『法律とビジネスの両方を。』

    スイスのザンクトガレン大学は、それを叶えてくれるExecutive Master of
  European and International Business Lawというプログラムを提供しています。

    このプログラムは2年間のうち合計 10週間を使って、8か国10都市(東京、ニュー
  ヨーク、ハーバード、上海、フランクフルト、 チューリヒなど)を巡り、各地の
  大学で法律・ビジネスの集中講義を受講するというものです。

    2016年8月29日から9月3日にかけて、27号館にて日本プログラムが開催されました。

    今回、私は聴講生として参加しましたので、以下報告致します。

第2 魅力その1:「法律とビジネス」の両方を取り扱う

    本講義では、第一線で活躍されている弁護士、教授が教壇に立ち、海外企業が日本
  に進出する際にリスクとなり得る知的財産法や独占禁止法、企業買収などの法務面を
  取り扱います。

    また、TPP・WTOの枠組み、欧州金融市場の再編成など最先端のビジネストピックも
  取り扱います。

    受講生は会社役員、投資家、弁護士、インハウスローヤーなどですから、法律とビ
  ジネスの両面から実務感覚の質問を聴くことが出来ます。

第3 魅力その2:広がるネットワーク

    受講生の国籍は、スイス、ドイツ、中国、香港、日本など多様です。
    受講生との時間を過ごすなかで生活、文化の刺激を受けるとともに、自分自身の枠
  を広げることができる最高の環境です。

    講義以外の時間でも、仕事内容、働き方、ワークアンドライフバランス、キャリア
  プランなど働いていれば誰もが考えるようなことについて国境を越えて話すことがで
  きます。

    私は大学時代に留学していましたが、その時とはまた違った内容のコミュニケー
  ションであり、また新たな視野の広がりを感じることが出来ます。

第4 最後に

    本プログラムは、知識・人・環境を通して本当に刺激的なものした。
    ボーダーを超えて活躍する早稲田大学法務研究科修了生にとって、本プログラムは
  大きなステップアップとなることは間違いありません。

    日本の弁護士も国境を越えて仕事をする機会が増えています。
    このプログラムは在籍しながら受講できますので、トライしてみてください!!

◆───────────────────────────────────────────◆
    法務リカレント講座のご案内
◆───────────────────────────────────────────◆

    早稲田大学法務教育研究センターでは、2016年度より新たに、早稲田大学法務
  研究科を修了した法曹等を主な対象とした法務リカレント講座(継続教育講座)
  を開講しております。

    法務研究科の教授やベテラン実務家・専門家の指導を受けつつ、科目により、
  ディスカッションをしたり、論文を執筆したりすることができます。

    講座の全日程の受講を完了した受講生には受講証明書が授与され、受講のうえ
  4万字程度の論文を提出し受理された受講生には、その旨が記載された証明書が
  授与される場合があります。
    加えて、優れた論文については、早稲田大学大学院法務研究科・法務教育研究
  センターが発行する『早稲田大学法務研究論叢』への掲載を推薦されることもあ
  ります。

    2017年度の開講科目につきましては、決まり次第、早稲田大学法務教育研究セ
  ンターのウェブサイトおよび本メールマガジン等でご案内いたします。
    ぜひ、皆様のステップアップにお役立てください。

    なお、2016年度は、以下の講座で受講生を募集しました。
    (都合により不開講の科目もありました。)

  (1) 立憲主義の現代的課題 (長谷部 恭男 教授)

  (2) 医事法(甲斐 克則 教授)

  (3) ビジネス・ロー(サンガレン大学(University of St.Gallen)の講座・英語
    による授業)

  (4) リーガルネゴシエーション(和田 仁孝 教授)

  (5) 債権法改正―約120年ぶりの見直しの構想(山野目 章夫 教授)

  (6) 著作権法に関する最新の動向(上野 達弘 教授)

    なお、法務リカレント講座とは別に、法務リカレントセミナーとして、
  「民事執行・保全をめぐる現在問題」を開催する予定がございます。
    詳細は、正式決定の後に、早稲田大学法務教育研究センターWebサイトにて
  ご案内いたします。

  ≪「民事執行・保全をめぐる現在問題」の予定≫

      ●日時:2017年1月の土曜日・午後(1日のみ)

      ●場所:早稲田大学 27号館(小野梓記念館)教室

      ●内容・講師:
      ・相反する権利の執行問題 ―間接強制など―
        *諫早湾開拓事業をめぐる執行・保全関係の問題を中心に
        西川佳代(横浜国立大学・教授)

      ・子供の引渡しをめぐる執行問題
        *ハーグ条約の締結と執行実務
        村上正子(名古屋大学・教授)

      ・民事執行・保全をめぐる立法論の現状と評価
        内田義厚(早稲田大学大学法務研究科・教授)

    受講資格や講座の出欠に関して等、ご不明点やご要望がございましたら、以下
  の【問合せ先】にご連絡ください。

  【問合せ先】
  早稲田大学法務教育研究センター
  Tel:03-3208-9592
  Email:wls-center@list.waseda.jp
  Webサイト:http://www.waseda.jp/folaw/cpler/

◆───────────────────────────────────────────◆
    出版物案内
◆───────────────────────────────────────────◆

                  稲門法曹の新刊(11月+10月+9月分)

    ■「刑法総論 第3版」
        高橋則夫 著
      http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030551.html

    ■「民事執行・保全 15講」
        内田義厚 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030554.html

    ■「株式交換・株式移転の理論・実務と書式[第2版]労務、会計・税務、登記、
       独占禁止法まで」
        土岐敦司 編集代表
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/024577.html

    ■「弁護士の経験学/事件処理・事務所運営・人生設計の実践知」
        高中正彦/山下善久/太田秀哉/山中尚邦/山田正記/市川 充 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030835.html

    ■「金融商品取引法」
        黒沼悦郎 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030654.html

    ■「会社法論集」
        岩原紳作 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030570.html

    ■「都市空間のガバナンスと法」
        吉田克己/角松生史 編
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030726.html

    ■「著作権法入門 [第2版]」
        島並 良/上野 達弘/横山 久芳 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/018005.html

    ■「会社法重要判例 [第2版]」
        酒巻俊雄/尾崎安央/川島いづみ/中村信男 編
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030562.html

    ■「倒産法の実践」
        伊藤 眞/園尾 隆司/多比羅 誠 編集代表
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030531.html

    ■「環境法BASIC[第2版]」
        大塚 直 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/026555.html

    ■「ヴォルフ/ヴェレンホーファー ドイツ物権法」
        大場浩之/水津太郎/鳥山泰志/根本尚徳 訳
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030626.html

    ■「親族法・相続法[第4版補訂]」
        吉田恒雄/岩志和一郎 著
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/013208.html

    ■「ジェンダー法研究第三号/特集・複合差別とジェンダー」
        浅倉むつ子 責任編集
          http://www.seibundoh.co.jp/shoten/search/030836.html

◆───────────────────────────────────────────◆
    新人稲門法曹の採用をお考えの方へ
◆───────────────────────────────────────────◆

    早稲田大学大学院法務研究科キャリア支援室と稲門法曹会は、本研究科修了生と
  法律事務所・企業とのマッチングを図るべく、共同プロジェクトとして、新規登録
  弁護士を対象とした求人情報を募集しております。

    頂いた求人情報は、本研究科修了生(69期・70期)のみが登録されたメーリング
  リストによって告知しますので、通常の一般公募に比べ、事務負担を抑えた効率的
  な採用活動を行うことができます。

    ご興味をお持ちの方は、以下のウェブページから求人票フォームをダウンロード
  のうえご記入いただき、下記事務局メールアドレス宛に下記の要領でお送り下さい。

  <求人票フォームダウンロード>
      http://waseda-legal-alumni.jp/?page_id=597

  <求人票フォーム送付先>
    ・メールアドレス: tohmon-career@list.waseda.jp
    ・タイトル:「求人情報:(貴事務所・御社名)」
    ・本文中の宛名:稲門法曹会・法務研究科キャリア支援 担当 宛

  ※お送りいただいた求人票は、指定の司法修習期に該当する早稲田大学大学院法務
    研究科修了生へメールにて案内いたします。
  ※求人票への問い合わせ・応募は、各法律事務所・企業様へ法務研究科修了生から
    直接行います。

◆───────────────────────────────────────────◆
  ご支援・ご協力のお願い
◆───────────────────────────────────────────◆

  本学の伝統を受け継ぎ、進取の精神をもって法のもとに正義を貫く志の高い優
 秀な稲門法曹を一人でも多く育成することを念願し、法科大学院の学生のための
 奨学金として「稲門法曹奨学金」を創設し、これまで支援を行ってまいりました。

  法曹として第一線で活躍されている校友および関係者に募金を呼びかけ、これ
 まで多額の浄財が寄せられております。稲門法曹の皆様の熱意に厚く御礼申し上
 げるとともに、引き続きご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 ・稲門法曹奨学金へのご支援のお申込:こちらをご参照ください。
        http://www.waseda.jp/folaw/gwls/alumini/support/

-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–
【発行】稲門法曹会
  〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 法務教育研究センター内
         Tel:03-3208-9592 e-mail: tohmon-jimu@list.waseda.jp
      URL: http://www.waseda-legal-alumni.jp/
 ※配信停止をご希望の方は、タイトルに「配信停止」、本文に「氏名」を記載の
  うえ、legal-alumni@list.waseda.jp までお送りください。
-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–*–*–*–*–*--*–*–*–*–*–